Rock

July 14th, 2009 by admin

いつでも私は木があると登りたくなります

昔から木は大好きで、抱きしめていると深い歴史を体に感じます
木と同じ目線にいると、普段のそこら中の物質や心が
殻から抜け出したように、違った姿を現します

そして今回は
私が興味をそそられたのは
マリブ山中のそれほど大きくはない岩

何かが「こっちこっち」と私を呼んでいるかのように
そこだけ太陽の光に照らされていました

そしてやっぱり登ってみました

この岩は、人を登らせる気を放しているのでしょうか?
てっぺんから私が登った方の裏側を見下ろしてみると
そこにはロッククライミングをしている人たち

下の写真は、その岩のサイド部分に私がへばりついた様子

炎天下の中の日陰部分で
ヒンヤリとした空気が流れていました

少し海の中のような気分

地上にそびえるこの岩
大昔は海底にあったのかもしれない

海底でも地上でも、この岩はずっとここにある岩

そのままの岩をただ感じたいと思った瞬間
重力が軽くなったように感じました

やっぱり昔ここは海の中だったんじゃないかな…

Be Sociable, Share!

Comments are closed.