ローフード+ビーガン

August 31st, 2011 by admin

子づくり計画をしていた頃〜妊娠1ヶ月半くらいまでトライしていた事

”ローフード(Raw Food)+ビーガン(Vegan)”

ローフードとは、食材を48℃以上で加熱せずに調理された食事
ビーガンとは、植物性のもののみを口にする菜食主義

1日のうち2食はローフード+ビーガンのお食事を食べていました

●ローフードの利点
1.加熱しない事で、食べ物の酵素を破壊せずにカラダに取り込むことができる
(加熱により酵素が破壊され、脂肪や糖質が分解されずカラダに溜まっていくようです…)

2.お野菜のビタミンやミネラルといった栄養素を壊さない
(調理により約80%の栄養素が逃げていくようです)

3.水分を逃がさない
(加熱によりお野菜のナチュラルな水分が蒸発し、胃の中での水分が減り消化を送らせてしまうようです)

という事で、母体を健康にしようと、ローフード始めました

お世話になったのが
『Rawvolution』

毎週月曜日に、5日分のでき上がったお食事を受け取りにいきます

ちょうどその時、お引越し、新しいお仕事、妊娠と重っていたので
本当にラクさせてもらいました。笑

受け取った箱の中には
アペタイザー、スープから、メイン、デザートまでフルコースのおもてなし!

たくさんの食材
その食材そのものの味
噛む事が本当に楽しい

調理されていない分、消化のお手伝いをしていたのか
飲み込む前に、自然にたくさん噛んで味わっていた事に気付きました

自然に働くカラダのシステムってすごいんですね

いつも噛む事は少し意識していた方なのですが
ローフードや自然のものって、こんなにちゃんと噛むことに集中できるんだナ
としみじみ…

レシピブックも販売されていて、何点か試してみましたよ〜

調理自体はとっても簡単なのですが、本格的にローフード主義になるには
水分を蒸発させるための特殊な器具も必要になってくるので
(↑ピザ生地や、パン生地を作るためのものです)
まずは手持ちのフードプロセッサー諸々でできるものだけで…

直属のローフードカフェがベニスにありますので
興味がある方はぜひぜひローフード試してみて下さい

実は私は妊娠初期に生の食材(野菜、サラダ、フルーツなど)を食べたら吐き気を催すという、なんとも風変わりなツワリになってしまい、ローフード中断しましたが、また再開したいと思っています!

その時は、オレンジですらもオレンジジュースで煮込みました。笑

↓カフェのインフォ↓

Euphoria Loves Rawvolution
2301 Main Street
Santa Monica, CA 90405

NYにもカフェあるみたいですよ!

Be Sociable, Share!

Comments are closed.