Om Ma Ni Padme Hum

February 9th, 2011 by admin

インドにいた時から、今もずっと頭に残っている曲があります

リシケシのアシュラムで、先生が朝ヨガの時に時々かけていた曲

「中国4千年の歴史」を思い出させるような曲調なので
ルームメイトの子といつもインドっぽくないよね…
なんて笑ってました

でもいつの間にか、頭から離れなくなり
ずっと口ずさんでます

毎朝、床を磨く時も
ドライブ中も
料理中も
ヨガしてる時も…

歌詞は単純で、ただひたすら20分くらい同じ事を繰り返しています
”Om Ma Ni Padme Hum”
“オム マ ニ パドメ フン”

“Om”は宇宙のサウンド、私たち生命体のすべて

“Ma-Ni”は宝珠、自分が犠牲になっても誰かに愛を与えること
慈悲の心、愛を生む響き

“Pad-Me”は蓮の花を表し、智慧を表しています
自己は無知であるという事を知り
この生命がかけがえのないものである事を知ること

そしてその智慧が自己の進むべき道を自ずと示していく

“Hum”は、智慧、方途の調和に満たされた1つの自分自身になるという事
かき乱されず、智慧と方途をきり離す事もできない

”Om Mani Padme Hum”

自己の進む道の中
不純を取り除き、ピュアになる

心もカラダも清らかになる

仏陀のように生きるのではなく
自己の内なる仏陀を見いだす事…

自己のピュアな種を見いだし、成長させる事…

そんな意味があるそうです

このシンボル、ストーンや絵に書いて飾っておく方が多いのですが
リシケシで買ったシンギングボウルにも刻まれていました

そしていつでもこの曲を聞くとインドの風景が頭に浮かぶ
思い出の曲となりました…
(曲調は本当に中国っぽいのに…笑)
(また聞きにきて下さいねー!)

Be Sociable, Share!

Comments are closed.