BabyMoon *アンテロープキャニオン もとい…

October 26th, 2011 by admin

ここ数年間ずっと行きたいと思い続けていた場所
”アンテロープキャニオン”

はじめて写真を見た時にとてつもなく圧倒され
今回日帰りでページという町にセドナから遠足しに行くことにしました
(ページ-PAGEはセドナから北に車で3時間ほど)

アンテロープキャニオンはアッパーとロウアーに分かれていて
アッパーの方は光のビームが見え、老若男女行きやすいようなのですが
どのレビューも人が多過ぎて…というコメント

ロウアーの方はアッパーよりも深く長いキャニオンで
人もアッパーに比べて少ないよう

私は”光のビーム!!”というよりも
キャニオンの中でその感覚を味わいたいなぁ…

ということで、ロウアーに行こうと決めま…
となる予定が、もとい!

私にぴったりのツアーを発見!!

『ハマーで行く、シークレットキャニオン』

シークレットキャニオンはアンテロープキャニオンと同じように
何千年もの年月による洪水や雨、風によってできたキャニオン

ナバホ族マンソン家からこのハマーツアー会社のみが
シークレットキャニオンへの立ち入りを許可されているようで
1日数回程のツアーで1回のキャニオンに入れる人数が6人まで
予約状況によっては2人の時もあるようです

アンテロープキャニオンよりももっとスピリチュアルで
周りにとらわれず、ゆっくりとその時間を過ごせる…

という事で、シークレットキャニオンに決めました

今回はハマーに4人乗客を乗せて出発!
シークレットキャニオンに向かうまでは20分ほどのオフローディング
こんなところも走ります

ハマーはジープよりも揺れが少なくもっと頑丈、シートもフカフカ
お茶の子さいさいにどんどんと走って行きます
妊婦さんの私でもガタガタ道の衝撃が嫌になりません

その後、5分程砂漠をもっと深くに歩いていくと
そこにたどり着きます

わぁぁぁ…と口がずっとあいた状態
にならざるをえません…

ゆっくりと奥の方まで進んだり
止まったり、岩にひっついて瞑想したり
ただ地面に寝転がったり
座ってポカンと岩を見たり…

靴は脱ぎ捨てて、足の下から直に感じる感覚
(地面はサラサラの砂浜のよう)

…静かに流れる時間

キャニオンを通り抜ける風の音

時たま強い風が吹くと
上の方から砂がパラパラと落ちてきて
それもまたキラキラと光って幻想的

何時間でもそこにいたい…

また絶対に絶対に戻ってくるからねー、よろしく!
とシークレットキャニオンに挨拶してツアー終了。。。

その後は、未だマインドがシークレットキャニオンに残ったまま
町でお昼ごはんを食べて、ページの町からFWY89を南走るとすぐにある
『ホースシューベンド -Horse Shoe bend』
に向かいました

私のカメラでは画面におさまりきりません
写真撮影は旦那さんの立派なカメラに任せて
私はコロラドリバーの周りの崖に圧倒されていました

ホースシューベンドの周りの崖っぷちを歩いていると
強い風と共に細かい砂がほっぺたにピシピシと当たったり
にわか雨が風と共に耳の穴に入ってきたり
こうやってシークレットキャニオンも
自然の力に浸食されて形創られてきたんだなぁ…
としみじみと実感

そして朝も早かった私たち夫婦は、いつの間にか崖っぷちに寝ころんで
深いお昼寝をかれこれ1時間…

その後、レイクパウエル -Lake Powellを見渡せる高台に移動

このレイクパウエルで以前ツバキシャンプーのCMの撮影のお仕事しに行ったんだなぁ
としみじみ思い出にふけりました…
あれからもうすぐ2年です

この2年たくさんの事がありました
その中でたくさん成長してこれた事
一瞬一瞬が全部必要な事で、今の自分を作っている事

夢だった自分の家族を持つ事ができ
そしてその家族とずっと共に経験していく事

人生の中で時に困難な状態になるかもしれないけれど
その経験を通して自分や家族、周りの皆が成長できる事

いつでも偉大な自然のように純粋なココロを持って
そして自然と繋がりながら、家族全員で手をつないで生きていこう…

P.S.
●レイクパウエルの写真の一番上の方に雲に隠れて写っているのが
ナバホマウンテンという大きなナバホ族の山らしいです

●Slot Canyon Hummer Adventures (ハマーツアー)
http://hummeradventures.net/

Be Sociable, Share!

Comments are closed.